コンプレックスの解消

サロン

男性の胸毛やひげが魅力的だったのは大昔の話です。衣服からはみ出ているムダ毛ほど見苦しいものはないです。今や身体のどこであろうと、ムダ毛は不快な存在でしかありません。特に夏になると海やプールで水着になる機会も多くなりますが、ムダ毛への視線が気になり、コンプレックスになっている人も大勢います。ムダ毛は、小まめにお手入れしておくのが大人のマナーです。カミソリでの処理が一般的ですが、手の届かない部位も多いので肌を傷付けてしまうこともあります。しかも人によっては埋没毛ができてしまうことがあります。これは毛穴からムダ毛が出てこられず、皮膚の中で炎症を起こしている状態です。毛包炎が広範囲にできると、お手入れができなくなってしまいます。そのような状態にも関わらず、無理にお手入れを続けていると皮膚の深層部位まで炎症が及んでしまい、治っても跡が残ることがあるので注意が必要です。このようなさまざまなトラブルを招くムダ毛は、全身脱毛してしまうのが得策です。脱毛するにはそれなりに費用がかかりますが、1度ムダ毛を取除いてしまえば日頃の面倒なお手入れや他人の視線から解放され、ケア用品の購入費用も節約できます。これらは全て初期費用だと考えれば、それ程高額な料金だとは感じることもありません。そして全てのムダ毛を脱毛してツルツルの状態にするのではなく、お手入れのしやすい程度に処理するという方法も可能です。

目的と予算に合う方法を選ぼう

男性

脱毛方法にはいくつかの種類がありますが、光脱毛かレーザー脱毛を利用する人が殆どです。特に脱毛サロンでの光脱毛は手頃な料金で利用できることから広く人気を集めています。特殊な光を照射するだけで、毛根とその周辺にダメージを与えてムダ毛を減らせます。全身脱毛を希望するなら個人差はありますが、約3年の期間を必要とします。一方、医療機関で受けるレーザー脱毛は毛根を完全に破壊することができるので、永久脱毛の効果が得られるのがメリットです。費用は光脱毛より割高ですが、約2分の1の期間で完了することが可能です。どちらもメリットがありますが、ムダ毛のある範囲が広く、剛毛な人は出力の高いレーザー脱毛のほうが向いています。しかし最近は男性特有の剛毛にも効果を期待できる高性能な光脱毛機器が開発されているので、一概に優劣は付けられません。全身脱毛を希望する人は、自分の目的と予算をはっきりさせたうえで、どちらかを選びましょう。